交通事故を専門家を使わずに自己処理してはいけない訳は?

交通事故は誰でも遭う可能性があるものでして、万が一交通事故に遭ってしまうと気が動転してしまって本来なすべき処理方法を怠ってしまうものです。このように気の動転した状況では出来るだけ早めに事故処理を解決したいと思うことが多く、加害者や保険会社の口車に乗せられることも珍しくありません。

このような状態は慰謝料額なども非常に不利になることが一般的でして、最終的に生活費・治療費などの捻出にも支障を来しますので自己解決を図ることは絶対に避けなけなければなりません。やはりここで法律の専門家である弁護士を雇うことが必然的となります。

特に弁護士を交通事故の処理に活用することは、慰謝料を非常に高い基準で得られやすくなるでしょう。一般的に保険会社は弁護士を雇わない状況下で高い基準の適用は大変消極的で、実質上弁護士を雇わないと満足した慰謝料が取得できないのが大きな流れとなっているのです。交通事故における自己処理は何のメリットもないのです。

イベント後の帰り道の交通事故は何故多いのか?弁護士が分析!

日本は季節が割とはっきりした国ですので、季節ごとに色んなイベントが存在しています。しかし、このようなイベントがあると必ずその帰り道などで事故が発生して、時として全国ニュースでも流される程です。それでも、不思議なのはどうしてこのようなイベントがあると交通事故が発生しやすくなるのでしょうか?

交通事故の損害賠償を請け負うことの多い弁護士の分析によれば、イベントなどが終了するとそこには2種類の人間が存在することになります。それは思いっきりイベントを楽しんだ人、そしてもう1つはイベントを楽しめなくて疲れた人たちです。

そのため、余韻に浸って寄り道する人と疲れ果てて家路を急ぐ人との気持ちの擦れ違いが運転時におけるトラブルへと発展します。特にこのような交通事故が起きれば幾つか事故を併発することも珍しくありません。そして、車に同乗している人間によっては飲酒していることも多いので、交通事故後に人的なトラブルも起きてしまうこともありますよ。

自動車事故に関する”確率論”

みなさんの交通事故にあう確率

  • 自動車事故で死ぬ確率事象確率自動車事故で死ぬ確率1/10,000
  • 五十年間で交通事故にあう確率1/3
  • 一生涯に交通事故で死傷する確率1/2
  • 事故発生時、シートベルト着用して死亡する確率1/410
  • 事故発生時、シートベルト着用しないでドライバーが死亡する確率1/20事故発生時、
  • シートベルト着用しないで助手席乗員が死亡する確率1/55事故発生時、
  • シートベルト着用しないで後席乗員が死亡する確率1/170
  • 一年の内で人身事故の当事者になる確率1/50
  • 自動車運転中の死亡者がもらい事故の確率1/4

結構高い確率で一生に一度は交通事故にあうのではないでしょうか?車にぶつかる、人を引いてしまう。

そういったことが今後の人生で起きたかもしれませんが、おきるかもしれません。ただ、心がまえ1つでその確率は減らすことができます。

無茶な運転はさけること。自分は運転がうまいと自信をもたないこと。丁寧に下手でもよいから、慎重に運転すること。それが事故を未然に防ぐコツです。

交通事故にあったとき

交通事故。関係ないと思っている方も多いと思いますが、それは、病気と一緒に突然やってきます。どのように私たちは交通事故に立ち向かうべきでしょうか?

そのためには、法律を学ぶ必要があります。法律と一緒にこの交通事故に対処していきましょう。